会社情報

沿革

1947年7月
連合軍総司令部覚書により、三井物産株式会社は解散を命ぜられたため、同社機械部門営業各課並びに貿易部門関係者を主体として昭和22年11月27日当社が設立されました。
1947年11月
極東貿易株式会社(資本金500万円、本店 東京都千代田区丸の内2丁目2番地)の商号をもって設立し、機械専門の商社として事業を開始。
1948年1月
札幌支店を設置。
1949年1月
大阪支店を設置。
1951年1月
名古屋、福岡の各支店を設置。
1956年4月
ニューヨークに、子会社として現地法人Far East Mercantile Corp.を設立。
1958年10月
フランクフルトに、子会社として現地法人Far East Mercantile GmbHを設立。
1960年11月
子会社のFar East Mercantile GmbHをデュッセルドルフに移転。
1964年10月
ロンドン支店を設置。
1965年10月
本店を、東京都千代田区大手町2丁目4番地に移転。(なお、本店所在地は昭和45年1月住居表示の実施により、東京都千代田区大手町2丁目2番1号と変更。)
1970年9月
子会社として「日本システム工業株式会社」を設立し、電子機器の製造およびソフトウェア開発を開始。
1976年1月
仙台支店を設置。
1982年4月
広島支店を設置。
1984年9月
子会社のFar East Mercantile Corp.の商号を「KBK Inc」と改称。
1984年10月
子会社のFar East Mercantile GmbHの商号を「Kyokuto Boeki Kaisha (KBK) GmbH」と改称。
1987年3月
東京証券取引所市場第2部へ株式上場。
1994年9月
台北支店を設置。
1997年5月
上海に、子会社として現地法人極東貿易(上海)有限公司を設立。
2000年3月
東京証券取引所市場第1部銘柄に指定。
2003年12月
ロンドン支店を廃止し、子会社のKyokuto Boeki Kaisha (KBK) GmbHと統合の上、商号を「KBK Europe GmbH」と改称。
2008年4月
子会社として「Kyokuto Trading(India) Private Limited」を設立。
2009年4月
子会社として「KBKスチールプロダクツ株式会社」を設立。
2011年1月
株式会社ゼットアールシー・ジャパンの株式を取得し完全子会社化。
2011年3月
子会社として「KBK do Brasil Comercio de Maquinas Ltda.」を設立。
2011年11月
サンコースプリング株式会社の株式を取得し完全子会社化。
2012年11月
ファーレ株式会社の株式を取得し完全子会社化。
2013年4月
2015年4月
2015年5月
2015年9月
オートマックス株式会社の株式を取得し完全子会社化
子会社として「Kyokuto Boeki Kaisha Mexico, S.A. de C.V.」を設立。
ヱトー株式会社の株式を取得し子会社化。
ヱトー株式会社の株式の追加取得ならびにヱトー株式会社による自己株取得により完全子会社化。
2018年4月
プラント・メンテナンス株式会社の株式を取得し完全子会社化。