サイト内検索

取り扱い製品一覧

事業概要 Business

レーザー計測システム LMS1.0

鳥の飛翔位置を測定する双眼鏡システム

製品ジャンル
鳥類調査用レーザー計測システム

業界・分野

レーザー計測システムは、双眼鏡型のレーザー距離計で鳥の飛翔位置を3次元座標(緯度、経度、高度)として記録するシステムです。インターバル計測モードでは、オペレーターの操作は、双眼鏡の視野中心に調査対象の野鳥を捉えてその行動を追跡するだけです。調査中は複雑な操作は不要で調査に集中することができます。

 

LMS_V21vsBird.jpg  LMS1_0_Monitor.jpg

製品の特徴

① インターバル計測

アプリ上で設定できる自動計測モードは、最小2秒間隔でレーザー距離計が自動測定を行います。観測者の操作は双眼鏡型のレーザー距離計で鳥を追いかけるだけ。煩わしいボタン操作は必要ありません。

② オフフラン地図

制御PCには地図が予めインストールされているため、インターネット接続が困難は山間部でも、測定した鳥の飛翔位置をアプリ上の地図の中で確認することができます。

③ ワイヤレス接続

観測者が使用するレーザー距離計と制御PCの通信はBluetoothで行います。ワイヤレス接続により、制御PCは観測地点から離れた場所に置いて使用することができます。

④ 磁気偏角の自動設定

地域によって変化する時期偏角は、観測位置の座標から自動的に設定します。

主な用途

猛禽類調査、渡り鳥調査(鳥の飛翔軌跡・高度情報の取得、営巣地の記録など)

環境アセスメント(環境影響評価)

製品の仕様

  LMS1_0_SystemConfig_800.jpg

VECTOR21 AERO

VECTOR21-AERO_300.jpg

双眼鏡型レーザーレンジファインダーVECTORシリーズはSAFRAN Vectronixの世界的なロングセラー商品です。双眼鏡、レーザー距離計、磁気コンパス、傾斜計の4つの機器が1つに統合された装置です。レーザーはクラス1アイセーフに分類され、鳥、人にも安全なレーザーで、数キロ先の鳥を捉えることができます。その中でもVECTOR21 AEROは水平360°、天頂方向まで測定ができるため、野鳥の調査に最適です。

レーザー計測システム LMS1.0 フライヤーicon_1r_48.png

ユーザー事例

オオワシ飛翔軌跡220401_800.jpg

画像提供:新潟大学

製品に関するお問い合わせ

午前9:15~12:00/午後1:00~5:20
(土日、祝祭日、年末年始等当社事業所休業日を除く)

PAGE TOP